妻と離婚したいと思い始めたキッカケ

妻と別れたいと思ったキッカケ

妻と離婚したいと頭によぎったキッカケは些細な事かも知れません。
最初の内は愛情が上回っていて許せていた事が積もり積もって埋めきれない溝となり、漠然と考えていた離婚を現実的に考えるようになるのです。
妻と離婚したいと思うキッカケは様々ですが、弊社に寄せられたお問い合わせで代表的なケースをいくつかご紹介致します。

家事をしない、また家事が上達しない

専業主婦である妻は料理が苦手で毎食のようにコンビニのお惣菜やお弁当が食卓に並ぶ。片付ける事が苦手で、家の中は足の踏み場もない状態なのに平気で生活している。

金銭感覚がおかしい

見栄っ張りでプライドが高く分不相応なブランドを買い漁る。また生活費まで使い込んでパチンコにのめり込んでしまう。
ママ友とのお付き合いで高級店で飲食をする。

浮気性

ネットや携帯ゲームのチャットで知り合うケースやママ友からの誘いで合コンに参加するなど。

女性として劣化した

年齢を重ねたことは仕方がないが、女性としての身嗜みに対しての努力を全くせず、服装やメイクに無頓着になった妻に対して魅力を感じなくなってしまった。

妻の両親や兄弟との関係が悪い

何かあればすぐに帰って来いという妻の両親と折り合いが悪く、夫婦喧嘩で言い合いになるとすぐに実家に帰ってしまいなかなか帰ってこない妻。
妻の一方的な話を鵜呑みにして妻の肩を持つ義実家。

気になる女性ができた

妻との関係に問題はなかったが、自分を男性として見てくれて必要としてくれる女性に魅力を感じるようになったケースや、妻から愛情を感じることができずに違う女性との関係を始めてしまうケースから妻と離婚してその女性と一緒になりたいと思い始める。

セックスレス

奥さんが男性の生理現象を理解してくれていないケースや、奥さんにアプローチをしても拒否されてしまうケース。
セックス自体が好きではないと妻に宣言されてしまうケース。
夫婦間の愛情確認行為としてセックスは有効な手段だと言えますが、その行為を拒否されることによって夫としての存在意義を見い出せなくなってしまうケースは多くございます。

子供に関しての教育方針の違い

過保護と言ってもいい程に過剰な熱意を子供に注ぎ、周りの意見を聞かない。
父親を反面教師として子供を教育する。
子どもの教育に関する出費は高額であっても使う。 など他にも書き切れないほどの離婚を現実的に考えるキッカケが存在しています。

しかし妻に離婚を求めるには婚姻関係を継続し難い重大な理由である離婚理由が必要となります。
また離婚を成立させる為には立ちはだかる多くの障害が存在するのです。
まず、奥様から離婚の同意が得られるか否か、そして同意を得られたのであれば離婚するにあたっての条件交渉に移るのです。
親権問題、慰謝料や養育費の金額設定、所有財産の分与など生活がかかっている奥様は有利に離婚を進めようとするでしょう。
明確な落ち度(離婚理由)が奥様になければ、奥様に有利な条件で離婚をしなければならないのです。

明確な離婚理由の主なものは、

  • 生活に不必要な借金
  • 不貞行為
  • DVなどの暴力行為
  • 治る見込みがない重度の精神障害
  • 悪意の遺棄(生活費を渡さない、勝手に別居するなど)となります。

妻と離婚したい、奥様と離婚する為の落ち度を作って欲しいとお考えの方は、ぜひミッションエージェントまでご相談頂ければ幸いです。
ミッションエージェントでは別れさせ屋工作という恋愛工作によって奥様に離婚理由の一つである不貞行為を演出して離婚しやすい状況を演出しております。

離婚したい奥様やご家族の状況

離婚したい奥様やご家族の状況
  • お子さんの有無
  • お子さんのご年令
  • 単身赴任や夫婦喧嘩による別居中
  • 義実家に同居
  • 代理人を立てて離婚調停や裁判中
  • 家を出て行ったきり行方不明
  • バツイチ同士
  • 依頼者様の浮気がバレた経験

依頼者様の浮気が奥様に先にバレるような事がありますと、依頼者様は有責配偶者という立場となり、離婚を有利に進めることができなくなる可能性がございますので、くれぐれも行動にはお気を付け下さい。
また婚姻期間、お子さんの有無や奥様の職種、現在のご夫婦の関係性などによって別れさせ屋工作を行うにあたっての難易度が変わってまいります。
人に対して接触を行う業務という性質上、事務的、形式的にならず状況の変化に対して臨機応変に対応しなければならないと言えます。
そして先入観を持たずに、一つ一つのご依頼案件に合った工作方法をご提案させて頂くと共に依頼者様が望まれる結果に近付けるように進めさせて頂いております。

妻と上手く離婚する方法

妻と上手く離婚する方法

奥様と離婚したいという別れさせ屋工作案件に携わるキャストをご紹介致します。

  • 依頼者様(ご依頼頂いたご主人。)
  • 対象者(奥様。)
  • 相談員(ご主人である依頼者様のお悩みや目指される結果を伺い、別れさせ屋工作の流れのご説明や難易度の選定などを行います。)
  • 担当員(依頼者様の案件の責任者・工作のスケジュール管理やスタッフへの指示、依頼者様へのご報告を行います。)
  • 調査員(奥様の行動パターンの調査を行い担当員に報告致します。)
  • 工作員(奥様へ実際に接触を行い恋愛関係を構築するスタッフ。)

別れさせ屋工作とは奥様に男性工作員が接触し、恋愛関係を構築して奥様から依頼者様に離婚したいと告げてもらう事が理想的な展開であると言えます。
しかし、奥様の性格によっては依頼者様との夫婦関係を継続しながら、男性工作員との遊びの関係を持ち続けるケースも多くございます。
そういった場合は奥様と男性工作員との関係が依頼者様に見つかってしまうような演出を行い、奥様の不貞行為を元に離婚しやすい状況をご提供させて頂いております。
また奥様が専業主婦などで行動範囲が狭い場合や男性との接点が少ない場合、男性工作員がいきなり接触することによって警戒心を植え付けてしまう可能性がございます。
その為、まず奥様に女性工作員が接触をして、友人関係を構築した上で男性工作員を紹介するという流れも多いケースであると言えます。

妻と別れたい、妻と離婚したい|別れさせ屋工作までの流れ

夫と別れたい

①相談員とのご面談・ご契約

  • ご夫婦関係の様子や現在の関係、弊社へのご要望などをお伺い致します。
  • ご主人の情報(勤務先名、勤務先住所、勤務形態、趣味、好みのタイプなど)を頂くと共にご契約書を作成させて頂きます。

ご契約後に担当員(依頼者様の案件の責任者)が選任されます。

②事前調査(ご主人の行動パターンを把握するための調査)

別れさせ屋工作員が奥様に接触するにあたって、場当たり的にぶっつけ本番では接触できる確率が下がると共に警戒心を与えてしまう可能性がございます。
その為、奥様の行動パターンを把握するための調査を行い、どのポイントで接触するのが効果的であるか、そのポイントではどういった話しかけ方でどういった工作員を配置するのが有効かなどを決めてまいります。
調査員は奥様の事前調査結果を担当員に報告して、担当員はその結果を受けて接触の方法やポイントを決めてまいります。

③工作員による接触

事前調査によって決められた接触方法やポイントに工作員を配置して、奥様への接触を開始致します。
最初は偶然の連続をキッカケとして、男性工作員の存在を自然に認識してもらうような接触を行い最初の目標である奥様との連絡先交換を目指してまいります。
複数回の接触を経て連絡先の交換ができなかった場合は、別の男性工作員を別のポイントで接触させる場合や女性工作員を接触せて友人関係を構築していくなどの方法によって連絡先の交換を目指します。
連絡先の交換ができた男性工作員は、メールや電話、LINEなどを駆使しながら奥様の予定に合わせて会う約束を取り付け、デートを重ねて親密度を深めてまいります。

④別れさせ屋工作の仕上げ

奥様と男性工作員の関係が深く親密になっていきますと間もなく別れさせ屋工作の最終局面を迎えます。
前述したようにご主人である依頼者様に奥様から離婚したいと切り出してくれれば、スムーズな離婚が可能となりますが、依頼者様との夫婦関係を続けながら男性工作員との浮気も止めない状態になった場合は、奥様と男性工作員の不倫関係が依頼者様に露見する状況を作らなければなりません。

奥様の不倫が依頼者様にバレてしまう方法としては・・・。

  • 奥様と男性工作員が一緒にいる場面に依頼者様が接触を行う。
  • 奥様と依頼者様が一緒にいる場面に男性工作員が接触を行う。
  • 奥様の行動が最近おかしいと思われた依頼者様が興信所に依頼して浮気調査をしてみたら特定の男性と深い関係になっている事が判明したという状況を作るために興信所がつくるようなご報告書をお渡しする。など

奥様の浮気が依頼者様にバレてしまう方法は様々ございます。
もちろん奥様と男性工作員の関係が依頼者様にバレてしまう状況を作る前に、担当員と綿密な打ち合わせを行い、依頼者様のご要望やご意見を伺いながら工作に反映させてまいります。

⑤アフターフォロー

奥様との離婚が無事成立した後に、奥様に接触していた男性工作員が急に音信不通になってしまっては、奥様の不信感を増幅させてしまいます。
その為、男性工作員は別れさせ屋工作終了後も2~3ヶ月ほど奥様と連絡を取り合ったり、現場が近くにあれば会いに行きながら、段々と自然に消えていかなければならないのです。

妻と離婚するための注意点|別れさせ屋工作

妻と離婚するための注意点|別れさせ屋工作

妻と離婚したいというようなご自身が別れるための別れさせ屋工作は、別れる当事者である依頼者様のご協力や離婚する為の強い覚悟が必要です。
これまで行ってきた案件を見ますと男性の依頼者様の方が情に流されやすい傾向にあると言えます。
お子さんの為にもう少し様子を見る、長年連れ添った妻だからという情に流されてしまうと、奥様と離婚することはできません。
その為、担当員から別れさせ屋工作を行っている期間中の奥様への接し方や最終的な離婚話の進め方のアドバイスを実施しております。
妻の浮気が原因で離婚を進める為には、浮気された被害者役になりきって離婚の話を進めなければならないのです。
もちろん別れさせ屋工作を行いながら随時アドバイスさせて頂くと共に、最終的な局面の前に綿密な打ち合わせを実施致しますのでご安心下さい。
妻と離婚したい、妻と離婚するための理由が欲しいとお悩みの方はミッションエージェントまでお気軽にご相談頂ければ幸いです。

電話でのお問い合わせ

0120-0783-49 24時間365日年中無休で相談受付 CALL
電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ