離婚したいと思ったキッカケ|別れさせ屋工作

円満に別れるための別れさせ屋工作

「君を一生幸せにする。」「頑張っていい奥さんになる。」などの甘い言葉を交わしあった新婚時代が遠い昔のことのように思える。
お互いに一生の愛を約束したはずの結婚だったのに、夫や妻の心無い言動の積み重ねや、夫婦間で相容れない慢性的な問題が障害となり「離婚したい」という言葉が頭をよぎります。
縁があって他人同士だった二人が交際を始め、関係が深まっていくことによって結婚に行き着く。そして子供ができ、家を建ててという2人の歴史が家族の歴史に変わり刻まれていく。
しかし夫婦と言えども結局書面上の関係でしかなく、夫婦間の気持ちの疎通ができていないなどの内面的な問題や、浮気に代表される外的な要因によって二人の関係は脆く崩れやすのです。
元々他人同士で始まった関係なので全てを理解し受け入れることは難しいと言えますが、愛情や情というコーティングによって結婚生活が維持されていくのです。
弊社にお問い合わせ頂いた夫や妻と離婚したいと思われたキッカケをご紹介致します。

生活に不必要な借金。

会社でのお付き合いや、ご近所への見栄、ギャンブルなどによって、生活に不必要な借金があるのが発覚した。

DV、パワハラ、モラハラ

夫が妻に対して暴力を振るうというケースが一般的ですが、最近は妻が夫に暴力を振るうというケースも増えつつあります。また暴力を振るわないまでも精神的に圧力をかけてくる場合や、心無い言葉を浴びせるようなケースもございます。

浮気、不倫

魔が差したというのであれば、まだ浮気も改善されるかもしれませんが、浮気が本気になるケースや、浮気相手の子供を妊娠してしまうケースや妊娠させてしまうケース、浮気相手との関係を大事にするあまりに生活費を入れないなど様々な障害が発生致します。
また浮気や不倫が癖になり、何度発覚しても新しい人を見つけるなど救いようがない場合もございます。

価値観の違い

妻は家事をして当たり前、子供の教育をしっかりやって当たり前、夫は家事を手伝って当たり前、他の家のご主人や奥さんはこんなことをしてくれているらしいなど、お互いの価値観の違いや他家との比較によって口論となる。また子供の教育方針の違いや、理想の夫婦像の違いによっても離婚を考えてしまうことがございます。

家族との関係が悪い

夫婦関係ではなく嫁姑問題に代表されるように親御さんとの折り合いの悪さが問題で離婚を考えるケースも多数ございます。
また配偶者が親の味方をしてしまい、自分が孤立してしまうケースや、お互いの家族の悪口を言い合うなどが原因で離婚を考えるケースもございます。

体型や態度の変化

結婚したらブクブク太ってしまった、一緒に出かけるのに化粧もしなくなった、家にいる時は常にスウェットでゴロゴロしているなどの外見的なケアを怠っていることを問題点として離婚を考えるケースや、結婚前はあんなに優しかったのに結婚してから配偶者への無関心、感謝がない、気遣いがないなどの態度が目立ち離婚を考えるようになった。

セックスレス

夫婦間の愛情を確かめる方法の一つであるセックス。
セックスが少なくなっていく程、自分を女性としてみてくれていない、男性としてみてくれていないという感情になり、自分を異性として見てくれる人を探すようになるのです。好きだという気持ちを体現して欲しいという愛情確認のためにセックスはとても重要であると言えます。

金銭感覚の違い

自分の趣味や友人との付き合いに投じる資金は多いのに家族にはお金をかけたくない。
身の丈にあった生活をしないで借金をしてまで贅沢な生活をしようとする。

育児、教育方針の違い

子供の教育に無関心である。
仕事がお休みなのにも関わらず、子供と一緒に遊ぶ時間を作ろうとしない。
子どもの教育にお金を使うことに嫌な顔をする。

経済力の低下

突然のリストラや事故や病気による休職や退職。
感情的なタイプですぐにカッとなって会社を辞めてしまう。
独立心が強く自営で会社を始めたがうまくいかないなどの理由から離婚したいと考えるようになるのです。
夫婦が離婚をするためには乗り越えなければならない多くの障害が存在しています。
実際には婚姻関係を継続し難い重大な理由がなければ、法的にスムーズに離婚することができません。

明確な離婚理由の主なものは、

  • 生活に不必要な借金
  • 不貞行為
  • DVなどの暴力行為
  • 治る見込みがない重度の精神障害
  • 悪意の遺棄(生活費を渡さない、勝手に別居するなど)

明確な離婚理由がなければ、離婚調停や審判、それでも決着を見ない場合は裁判へと発展して長い期間戦わなければならないのです。

そして離婚をした場合の条件交渉も離婚交渉が長期化する一因と言えます。
親権、養育費、慰謝料、財産分与など離婚成立前に決めなければならない問題です。
またご近所の目や会社での立場などの世間体も離婚に対して消極的になる要因と言えるでしょう。

離婚したい配偶者との関係やご家族の事を教えて下さい

離婚したい配偶者との関係やご家族の事を教えて下さい|別れさせ屋工作
  • お子さんのいないご夫婦
  • お子さんのいるご夫婦
  • 単身赴任中
  • 別居中
  • どちらかの親御さんと同居
  • 離婚調停や裁判中
  • 所在が不明
  • 再婚同士など

お子さんの有無や婚姻期間、親御さんとの同居などご夫婦の関係性などによって状況や性質が異なり、別れさせ屋工作を行うにあたっての難易度が変わってまいります。
一つ一つのご相談やご依頼頂いた案件の状況に最適な工作方法を考え、ご提案させて頂きますので、これまでの経緯も含めてなるべく詳細にお知らせ頂ければ幸いです。

上手く離婚する方法、離婚の仕方|別れさせ屋工作

上手く離婚する方法、離婚の仕方|別れさせ屋工作

まず別れさせ屋工作に関わる登場人物をご紹介させて頂きます。

  • 依頼者様(別れさせ屋工作をご依頼頂いたお客様。)
  • 対象者(ご主人や奥様。)
  • 相談員(依頼者様のお悩みを伺い、工作の流れのご説明や難易度の選定などを行います。)
  • 担当員(依頼者様の案件の責任者・工作のスケジュール管理やスタッフへの指示、依頼者様へのご報告を行います。)
  • 調査員(対象者の行動パターンの調査を行い担当員に報告致します。)
  • 工作員(対象者へ実際に接触を行い恋愛関係を構築するスタッフ。)

別れさせ屋工作とは異性の工作員が配偶者に接触を行い、恋愛関係を構築して配偶者から依頼者様に別れを告げてもらうことがスムーズな別れ方であると言えます。
しかし、配偶者の性格によっては異性の工作員と関係を持ちながらも依頼者様との夫婦関係も継続していくケースも多くございます。
そういった場合は配偶者と異性の工作員との関係が依頼者様にバレてしまうような工作を行い、離婚するための理由を作ることを演出するのが一般的な別れさせ屋工作となります。
また配偶者が浮気をした、配偶者のせいで離婚せざるを得なかったという周囲(ご近所やご親戚など)にも納得されるような大義名分が出来ることによって、依頼者様の離婚を応援してくれる味方が増えることになるのです。

配偶者と離婚するための注意点|別れさせ屋工作

配偶者と離婚するための注意点|別れさせ屋工作

夫や妻と離婚したいというようなご自身が別れたい案件は、別れる当事者である依頼者様のご協力や別れるための強い意思が不可欠であると言えます。
長年連れ添った相手だから、子供が可哀想だからという感情に流されてしまうと、離婚が成立することはないでしょう。その為、離婚したいという強い意思が不可欠なのです。
もちろん別れさせ屋工作を実施しながら依頼者様へ担当員から配偶者への接し方のアドバイスや最終的に別れ話をされる際の進め方をアドバイスさせて頂いております。
配偶者が浮気をしていたという事が発覚して、その事実を落ち度として離婚を進める場合は、浮気された被害者としてその事実を的確に突いて離婚の話を進めなければなりません。
情けを掛けて離婚話が中途半端になることや、話を先延ばしにされてしまうことによって、配偶者はまだ脈がある、押せば元の関係に戻れると思われてしまい、結局離婚できなくなってしまうのです。
いかに自分は配偶者に浮気された被害者だという役になりきれるかということが最も重要となるのです。
もちろん最終的な別れ話をされる前に綿密な打ち合わせを行いますのでご安心下さい。
夫や妻と離婚したいとお悩みの方はお気軽にご相談頂ければ幸いです。

電話でのお問い合わせ

0120-0783-49 24時間365日年中無休で相談受付 CALL
電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ