夫と離婚したいと思ったキッカケ

夫と別れたいと思ったキッカケ

夫と離婚したいと思い始めてから、実際に離婚に向けての動きを始めるまでには時間がかかるはずです。
それは離婚という問題が簡単ではないと予測されるからです。
お子さんのこと、ご親族のこと、経済的な不安、世間体など離婚に向けて乗り越えなければならない壁が何重にもあるのです。
また夫に離婚したいと言って承諾してくれるかどうかも定かではありません。
離婚は結婚するより何十倍も大変だとよく聞きますが、家族だった人が他人に戻る儀式ですので双方の利害関係によっては時間的に長引き、お互いを傷付けるような消耗戦になるケースもあるのです。
まずは夫と離婚したいと弊社にご相談頂いた案件で、離婚を決意したキッカケをご紹介致します。

  • 借金が発覚
  • DV
  • 不倫がバレる
  • 嫁姑問題やマザコン
  • 結婚後に夫の変化(体型や態度)
  • セックスレス
  • 性格の不一致、価値観の相違
  • 子供の教育方針の違い
  • リストラ
  • 他に好きな人ができた
  • 妻への無関心

などキッカケとなった出来事は様々です。
しかし夫と離婚するためには婚姻関係を継続し難い重大な理由である明確な離婚理由がなければ、法的にスムーズな離婚はできません。

離婚理由の主なものは、

  • 生活に不必要な借金
  • 不貞行為
  • DVなどの暴力行為
  • 治る見込みがない重度の精神障害
  • 悪意の遺棄(生活費を渡さない、勝手に別居するなど)

もちろん性格の不一致や他に好きな人ができたなどの状況で、明確な離婚理由となり得ることがない方も多くいらっしゃいます。
そういった夫と離婚したいけど離婚できないとお考えの方にミッションエージェントでは別れさせ屋工作という恋愛工作をご提案させて頂いております。
離婚したいというご依頼に対して別れさせ屋工作とは、ご主人に女性工作員を接触させて恋愛関係を構築して不貞行為を演出するのが主な手法となります。

離婚したいご主人の状況やご家族の事を教えて下さい

離婚したいご主人の状況やご家族の事を教えて下さい
  • お子さんの有無や人数
  • お子さんのご年令
  • 単身赴任中であまり帰ってこない
  • 不和による別居をしている
  • 親御さんと同居している
  • 弁護士が介入し離婚調停や裁判中
  • 夫が行方不明
  • バツイチ同士

離婚をするにあたって大きいのはお子さんの有無やお子さんのご年令で、その次に来るのは財産分与となるでしょう。
お子さんがまだ幼い場合、養育費などの交渉も重要ですが父親と離れたくないと精神的に不安定になってしまうケースもございます。
その為、お子さんに対しての心のケアや離婚後の住環境などは非常に大事であると言えるでしょう。
お子さんの有無、現在のご夫婦の関係性などによってご依頼案件の性質が異なり、ご夫婦の状況によって難易度が変わってまいりますので、別れさせ屋工作業務はシステム化せずにご依頼頂いた案件に適した工作方法を考えてご提案させて頂いております。

夫と上手く離婚する方法

夫と上手く離婚する方法

まず別れさせ屋工作に関わる登場人物をご紹介させて頂きます。

  • 依頼者様(夫と離婚したいと別れさせ屋工作をご依頼頂いた奥様。)
  • 対象者(夫)
  • 相談員(依頼者様のお悩みや目指すべきゴールを伺い、調査工作の流れのご説明や難易度の選定などを行います。)
  • 担当員(依頼者様の案件の責任者・工作のスケジュール管理やスタッフへの指示、依頼者様へのご報告を行います。)
  • 調査員(ご主人の行動パターンの調査を行い担当員に報告致します。)
  • 工作員(ご主人へ実際に接触を行い恋愛関係を構築する女性スタッフ。)

別れさせ屋工作とは不貞行為を演出する事が主な手法となりまして、女性工作員がご主人に接触を行い恋愛関係を構築してご主人から依頼者様に別れを告げてもらうことがスムーズな別れ方であると言えます。
しかし、ご主人の性格によっては女性工作員と不倫関係を持ちながらも依頼者様との夫婦関係も継続していく状況も多くございます。
そういった場合はご主人と女性工作員との関係が依頼者様に露見するような状況を作り、不貞行為という離婚理由を演出するのが一般的な別れさせ屋工作となります。

夫と離婚したい|お問い合わせから別れさせ屋工作までの流れ

夫と別れたい

①相談員とのご面談・ご契約

  • ご夫婦関係の様子や現在の関係、弊社へのご要望などをお伺い致します。
  • ご主人の情報(勤務先名、勤務先住所、勤務形態、趣味、好みのタイプなど)を頂くと共にご契約書を作成させて頂きます。

ご契約後に担当員(依頼者様の案件の責任者)が選任されます。

②事前調査(ご主人の行動パターンを把握するための調査)

ご主人に女性工作員を接触させるにあたって、不自然であっては警戒心や不信感を与えてしまいます。その為、ご主人の行動パターンや立ち寄り先などを調べるための尾行調査を行い、効果的と思われる接触ポイントを決めてまいります。
事前調査を行う調査員はご主人の行動調査の結果を担当員に報告して、担当員はその結果を元に接触方法やポイントを決めてまいります。

③女性工作員による接触

事前調査によって効果的かつ発展性があると判断された接触ポイントに女性工作員を配置して、そのポイントに合ったご主人への接触を開始致します。
最初は偶然の連続をキッカケとして、女性工作員の存在を自然に認識してもらうような接触を行い最初の目標であるご主人とメールや電話番号などの連絡先交換を目指してまいります。
複数回の接触を行っても女性工作員が連絡先の交換をできなかった場合は、別の女性工作員を別のポイントで接触させて連絡先の交換を目指します。
連絡先の交換ができた女性工作員は、メールや電話、LINEなどを駆使して会う約束を取り付け、デートを重ねて親密度を深めてまいります。

④別れさせ屋工作の仕上げ

ご主人と女性工作員の関係が深く親密になっていきますと別れさせ屋工作の最終的な局面を迎えます。
夫から奥様である依頼者様に離婚したい、別れてほしいという話を自らしてくれれば離婚はスムーズに成立すると思われますが、ご主人が依頼者様との夫婦関係を継続しながら女性工作員との関係も続ける状態になった場合は、ご主人と女性工作員の関係が依頼者様に露見しまうという状況を作らなければ不貞行為を証明することができません。

ご主人の不倫が依頼者様に露見してしまう方法としては・・・。

  • 依頼者様がご主人と女性工作員が一緒にいる場面に接触する。
  • ご主人と依頼者様が一緒にいる場面に女性工作員が接触を行う。
  • ご主人の行動が最近おかしいと思われた依頼者様が興信所に依頼して浮気調査をしてみたら特定の女性と深い関係になっている事が判明したという状況を作るために興信所がつくるようなご報告書をお渡しする。
  • ご主人に接触していた女性工作員は実は既婚者であり、女性工作員の夫が興信所に頼んで尾行調査を行ったら、依頼者様のご主人との関係がわかったと報告書を持ってご自宅を訪れるケースなど方法は様々です。

最終的にご主人と女性工作員の関係が依頼者様に露見させてしまう工作を行う前に、依頼者様と担当員で打ち合わせさせて頂き、効果的である方法を協議致します。

⑤アフターフォロー

ご主人の浮気によって無事に離婚することができた後、接触していた女性工作員が急にご主人の前から忽然と消えてしまうと、不信感を与えてしまう恐れがでてきます。
その為、女性工作員は別れさせ屋工作終了後も2~3ヶ月ほどは連絡を取り合ったり、現場が近くにあれば会いに行ったりしながら自然に段々と消えていかなければならないのです。

夫と離婚するための注意点|別れさせ屋工作

夫と別れるための注意点

離婚させたいという第三者同士を別れさせたい案件であれば、全て弊社にお任せ頂くことが多いですが、夫と離婚したいというご自身が別れたいという案件は、離婚を望まれる当事者である依頼者様のご協力や離婚するための覚悟が絶対的に必要となります。
子供のためにもう少し我慢してみるという情けや、長年連れ添った夫だからという情に負けてしまうと、離婚することはできません。
その為、担当員から別れさせ屋工作を実施している期間に於いてのご主人への接し方のアドバイスを行いますので離婚しやすい状況にご誘導致します。
夫が不貞行為が発覚した事を離婚理由として離婚を進める場合は、不倫された被害者役を演じながら、ご主人を攻略しなければなりません。
そして不倫された被害者ですので強い気持ちでご主人に臨まなければなりません。
そこに少しでもご主人に情けをかけてしまうと、離婚話は成立しないと思って下さい。
もちろんご主人に最終的な別れ話をされる前に綿密な打ち合わせを行いまして無理のない役作りをご提案させて頂きますのでご安心下さい。
夫と離婚したい、旦那と上手に離婚したいお悩みの方はお気軽にミッションエージェントまでご相談頂ければ幸いです。

電話でのお問い合わせ

0120-0783-49 24時間365日年中無休で相談受付 CALL
電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ